美大予備校に通えば怖いものなし|合格を目指せ

充実した大学生活のために

勉強

自己推薦入試とも呼ばれるao入試は、大学側に強い志望動機を示して、大学の求めている人材であることをアピールするという入試方法です。学力よりも将来のビジョンを明確に答えられることが必要となります。

難関校も突破できる

女子学生

実技試験対策のために

美大にも難関校はあるため、入学を目指すのであれば美大受験を専門としている予備校に通うことを考えてみましょう。特に東京、大阪、名古屋には受験倍率の高い美大があるため、その周辺地域では美大予備校が豊富に展開しています。美大予備校は目指す学科によってコースが設けられており、美大受験では避けて通れない絵画や造形などの実技試験対策を行うことができます。特にデッサンは多くの受験で必須課題となるので、しっかりとした技術を身に付けておく必要があります。美大予備校に通えば、デッサンのほか各学科試験で必要とされる技術を習得していけるため、万全の試験対策を取ることができます。立体、平面、空間デザインなど様々な課題に対応しており、目的に向け集中して学べるでしょう。油絵科や日本画科、彫刻科、建築科を始めとし、各美大予備校では細かく細分化されたコースが設けられています。それぞれに専門の講師が担当しているため、本格的な技術を学びながら試験の傾向と対策を取っていくことが可能です。少人数制やマンツーマンでの授業を設けている美大予備校もあり、難関校へ向けた対策を取っていくためにそういったところを利用する方も多くいらっしゃいます。美大予備校に通えば、基礎となる力を身に付けられるとともに、試験で必要とされる実践力や応用力を磨くことができます。美大合格を目指すなら、充実した試験対策が行える美大予備校を利用して学習していきましょう。

合格を勝ち取るために

医師

医学部専門の予備校は、医学部受験に特化していることから、詳細なデータや受験のためのノウハウを持っていることがメリットです。予備校選びは、合格実績などの評判だけでなく、自分の性格や学習スタイルに合っているか、サポート体制は充実しているかなど、説明会や体験会を利用し、相性が合うかどうかで判断しましょう。

サポート体制を重視しよう

女子学生

短大選びのポイントは学生のサポート体制が充実しているか否かと言う点が重要になります。日々の学生生活のサポートから就職活動に向けた対策まで学校毎にサポート体制は異なるので、しっかりと違いを見極めて、自身にあったサポート体制の学校を選んで行きましょう。