美大予備校に通えば怖いものなし|合格を目指せ

充実した大学生活のために

勉強

意欲が評価される入試制度

大学入試の選考方法の1つとして、ao入試があります。ao入試とはアドミッションズ・オフィス入試のことで、受験生の人物像が、大学の求めている学生像に合っているかで合否を決めます。求める学生像をアドミッション・ポリシーとして提示している大学が多いです。ao入試は、推薦入試と同じように、面接や小論文などで選考されます。推薦入試との大きな違いは合否の基準です。推薦入試では、高校での成績や活動実績で合否を判断されますが、ao入試では学力は重視されず、大学でどのようなことをやりたいかがポイントです。その大学に入りたいという強い志望動機が必要となります。また、推薦入試は高校からの推薦が必要ですが、ao入試には必要ありません。ao入試は、自己推薦入試と呼ばれることもあります。大学側がao入試を取り入れていれば、誰でも受験することができます。なお、選考方法は大学によって異なります。学力は重視されないものの、最低限の学力を確保するために学力試験を課している大学もあります。求める学生像であるアドミッション・ポリシーは、大学によって異なります。大学でやりたいことがあっても、それが大学側が求める学生像と異なっていては、合格することはできません。受験生は、志望する大学のアドミッション・ポリシーを正しく理解し、自分とアドミッション・ポリシーを照らし合わせて、面接官に伝えることが重要です。ao入試は、大学でやりたいことや、将来のビジョンを明確に答えられる学生に向いている入試方法です。